シロバナアカツメクサ(白花赤詰草)

多年草
ヨーロッパ原産で、道端や空地などに生える帰化植物。ムラサキツメクサの白花品種。別名セッカツメクサ。花期は5〜8月。
学名は、Trifolium pratense f. albiflorum
マメ科シャジクソウ属



2013年5月16日 大東花序の直下に左右1対の3小葉の葉がつく。頭状花は直径約3cm。

シロバナアカツメクサ花

シロバナアカツメクサ花

シロバナアカツメクサ花

花は長さ約1.5cm。萼裂片の1つが他の萼片の2倍長ある。

シロバナアカツメクサ花

シロバナアカツメクサ花

シロバナアカツメクサ萼

葉柄の基部に大きな托葉がある。ムラサキツメクサと混生している。

シロバナアカツメクサ葉

シロバナアカツメクサ托葉

シロバナアカツメクサ






島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑