セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)

1年草
熱帯アメリカ原産。明治初期に渡来し、花壇用として用いられ、南西諸島で野生化している。茎は直立し高さ1mほど、全体に粘液性の毛が密生し、小さい刺が散在する。葉は互生、掌状複葉で5〜7個の小葉よりなる。小葉は長楕円状披針形で長さ10cm、全縁、長い柄があり、針状の托葉がつく。花は紅紫色で総状につく。苞葉は単葉で卵形。萼片は4個、線形。花弁は倒卵形で底部に長い爪がある。果実はさく果、円柱形で5〜7cm。種子は腎臓形で黒色を帯びる。種子繁殖する。 花期は夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Cleome hassleriana
フウチョウソウ科フウチョウソウ属
花の色が白色のものをシロバナフウチョウソウと呼ぶ。


20012年8月22日 玉湯花弁の基部に長い爪(柄の様なもの)がある。
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
苞は単葉。
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
果実は長さ約4cm。
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
種子は長さ約2mm。葉は掌状複葉。頂小葉は長さ約7cm。
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ
セイヨウフウチョウソウ



2005年11月5日 鹿島
セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ セイヨウフウチョウソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑