セイバンモロコシ(西蕃蜀黍)

多年草
ヨーロッパ地中海地域原産で、1945年前後に関東地方で見出され、その後本州東北以南〜沖縄の各地の道ばた、堤防などに広がっている。茎は高さ1〜1.5m、地下に横走する太い根茎がある。茎は堅く平滑・無毛で光沢があり、節に短毛を生じる。葉は中央脈の幅が広く、両面とも平滑・無毛、縁はざらつく。葉舌は長さ3mm、縁に短毛がある。花序は長さ15〜30cm、枝は1〜4個半輪生状に出て 下垂し、密に小穂がつく。小穂は1個の無梗小穂と2個の有梗小穂が1組になっている。1小穂は2花で第2小花は完全。無梗小穂は両性花、長さ4.5〜5mm、第1包穎には毛があり、第2包穎はやや革質。両性花は無芒〜有芒。有梗小穂は雄性、長さ4.5mm、小梗は長さ3mm。花期は8〜10月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Sorghum halepense
イネ科モロコシ属
本種の芒がない品種をヒメモロコシSorghum halepense f. muticum(別名ノギナシセイバンモロコシ)という。


2009年9月19日 ヒメモロコシのタイプ。八雲
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ



2007年10月13日 ヒメモロコシのタイプ。八雲
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
無柄と有柄の小穂が対になる。苞穎には伏毛が密生する。
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
葉舌の縁には短毛がある。
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ

茎から枝が出るものがある。支柱根がある。
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑