サザンカ(山茶花)

常緑高木
山口県〜四国、九州の山地の林内や林縁に生える。ふつう高さ2〜6mになる。樹皮は灰褐色で平滑。枝は淡褐色で無毛。本年枝には粗毛や長い軟毛がある。葉は互生。葉身は長さ3〜7cm、幅2〜3cmの長楕円形〜卵状長楕円形。ふちに鈍い鋸歯がある。革質で、主脈が目立ち、側脈はやや不明瞭。両面とも主脈に短い粗毛があるほかは無毛。葉柄は長さ2〜5mm、上面は平で毛がある。枝先に直径5〜8cmの白い花をつける。花弁は5〜7個、長さ2.5〜3.5cmで、ほとんど離生し、平開する。雄しべの花糸は淡黄色で、基部だけ合着する。花弁と雄しべはばらばらになって落ちる。子房には毛が密生する。花柄はほとんどない。果実はさく果。直径1.5〜2cmの球形。種子は褐色で長さ1〜1.5cm。花期は10〜12月。
冬芽の葉芽は長さ8〜12mmのやや扁平な紡錘形。芽鱗は緑色で5〜7個。表面には白い毛が生える。(樹に咲く花)
学名は、Camelia sasanqua
ツバキ科ツバキ属


自生かどうか不明だが、植裁とは思えない場所にある。
2011年11月12日 東持田枝や葉柄、冬芽に毛がある。
サザンカ花 サザンカ花 サザンカ枝
葉は長さ約5cm。縁に小さい鋸歯があり、主脈に毛がある。
サザンカ葉 サザンカ葉 サザンカ葉
裏面主脈に毛がある。
サザンカ葉裏面 サザンカ



2010年11月27日 植裁 八雲
サザンカ花 サザンカ花 サザンカ花
葉の裏面。葉柄や枝に毛がある。
サザンカ葉 サザンカ葉裏面 サザンカ枝
サザンカ枝 サザンカ樹皮 サザンカ

サザンカはツバキとの交配により様々な園芸品種が作られている。
2001年12月23日 カンツバキ 植裁 平成
カンツバキ花 カンツバキ蕾 カンツバキ花
カンツバキ花


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑