サヤヌカグサ(鞘糠草)

多年草
北海道西南部〜九州の低地の湿地や水田の周辺に生育し、やや群生する。茎は高さは50〜80cm。茎の下部は倒伏し、節々から斜上または直立した枝を出し、節には下向きの白い細毛がある。葉は長さ8〜15cm、幅5〜10mm、黄緑色、両面と縁は多少ざらつく。葉舌は長さ4mm、先端はとがる。葉鞘には下向する刺毛がある。花序は円錐状、長さ15〜20cm、各節から細い枝を出して小穂をつける。小穂は線状長楕円形、扁平。苞穎を欠き、護穎は舟形をして縁に短い剛毛があり、側面に短毛を生じるがエゾノサヤヌカグサのように明らかでなく、芒を欠き、長さ5.5〜6.5mm。熟すと黄緑色になり、脱落しやすい。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Leersia sayanuka
イネ科サヤヌカグサ属
よく似たアシカキは水辺に生え、花序が5〜10cm。


2011年10月12日 東長江
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
花序枝の一部小穂小穂(下)と中の果実(上)
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ



2010年10月16日 八雲
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ
2009年9月26日 西忌部花序は18cmくらいある。小穂は軸に密着する。
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ


護穎の縁には短剛毛がある。
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑