サトメシダ(里雌羊歯)

夏緑性シダ植物
北海道〜九州の山地のやや湿った所に生える。葉柄は緑色〜わら色、基部鱗片は披針形で淡褐色〜茶褐色。葉は2回羽状複葉。羽片は無柄か短い柄がつき、小羽片は鋭頭で深裂し前側の耳垂は発達しない。羽軸裏面は無毛。ソーラスは中肋寄りにつき、包膜は長楕円形、鉤形で、辺縁は細裂する。
学名は、Athyrium deltoidofrons
イワデンダ科メシダ属


2008年6月15日 東忌部最下羽片第1小羽片が小さい。小羽片の基部の耳垂は小さい。
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
中軸、羽軸は無毛。ソーラスは中肋寄りにつく。包膜は長楕円形、鉤形が混ざる。
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
サトメシダ サトメシダ



2008年6月15日 東忌部
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
中軸、羽軸は無毛。ソーラスは辺縁寄りにつく。
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
包膜は長楕円形、鉤形で、辺縁は細裂する。新芽葉柄基部の鱗片は披針形。
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
サトメシダ
2008年6月15日 東忌部
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
サトメシダ サトメシダ サトメシダ
サトメシダ サトメシダ サトメシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑