ササノハスゲ(笹の葉菅)

多年草
本州(近畿以西)、四国の山地の樹林内に生える。根茎は匍匐して、肥厚し、まばらに生える。葉は披針形で幅1〜2cm、無毛、果期には前年葉が枯れずに残る。有花茎は高さ15〜30cm。有花茎の葉は退化して苞と同形。苞は卵形で基部は鞘となる。1個の苞に2〜3個の小穂をつける。小穂は雄雌性、球形で長さ4〜5mm。雌鱗片は広卵形で円頭、緑白色、果胞より短い。果胞は長さ2〜2.5mm、無毛。柱頭は3岐。果期は5〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex pachygyna
カヤツリグサ科スゲ属タガネソウ節


2015年5月31日 八雲
ササノハスゲ花序 ササノハスゲ花序 ササノハスゲ花序
苞に3個の小穂がある。
ササノハスゲ花序 ササノハスゲ花序 ササノハスゲ花序
小穂の先端に雌花に囲まれて雄花がある。雄花の雄しべが残っている。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
雌鱗片は長さ約1.6mm。未熟な果胞は長さ約1.7mm。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
未熟な果実は3稜形。成熟した果胞、長さ約2.5mm。果実は長さ約2mm。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
果実は3稜形。成熟した果胞、長さ約2.5mm。果実は長さ約2.1mm。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
果実は3稜形。雌鱗片は長さ約1.7mm。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
ササノハスゲ ササノハスゲ
2015年4月26日 八雲
ササノハスゲ花 ササノハスゲ花 ササノハスゲ花
苞は長さ5〜20mm。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
苞の中に小穂がある。小穂が3個ある。
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ小穂
小穂は雄雌性、雌花が雄花部を囲む。雌花を除くと雄花部がある。雌花を除いた雄花部。
ササノハスゲ小穂 ササノハスゲ雄花部 ササノハスゲ雄花部
雄しべと葯。雄鱗片。雄鱗片は長さ約1.5mm。
ササノハスゲ雄しべ ササノハスゲ雄鱗片 ササノハスゲ雄鱗片
雌鱗片と未熟な果胞。雌鱗片は1.5mm、未熟な果胞は長さ約2mm。柱頭は3岐する。果胞口部は平切形。
ササノハスゲ果胞雌鱗片 ササノハスゲ果胞 ササノハスゲ柱頭
花茎は長さ約22cm。葉は幅1.5cm。断面はM字形。
ササノハスゲ ササノハスゲ葉 ササノハスゲ葉
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ



2010年5月8日 八雲
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ
2010年9月18日 八雲
ササノハスゲ ササノハスゲ
2009年4月12日 八雲
ササノハスゲ ササノハスゲ ササノハスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑