サルスベリ(猿滑り・百日紅)

落葉小高木
中国南部原産。江戸時代以前に渡来し、各地に植えられている。大きいものは高さは10m、直径30cmほどになる。樹皮は淡紅紫色でなめらか。薄くはげ落ち、淡い色の木肌が現れる。本年枝は灰褐色で無毛、狭い翼のような稜が4個ある。側生する枝は短枝化しやすい。葉は対生または互生、ときに左右に交互に2個ずつ並び、コクサギ型葉序となる。葉身は長さ2.5〜5cm、幅2〜3cmの倒卵状楕円形。先は鈍く、ふちは全縁。両面ともほぼ無毛。葉柄はほとんどない。花は直径3〜4cm、ピンク、赤色、白色などがある。花弁は6個でうちわ形、株は細くて長く、上部は直径約1.3cmのほぼ円形で、ふちは縮れて波打つ。雄しべは多数あり、外側の6個がとくに長く、葯は紫色。内側の雄しべの葯は黄色。果実はさく果。直径7mmほどの球形。熟すと6裂する。種子は長さ4〜5mm、広い翼がある。花期は7〜10月。
冬芽は長さ2〜3mmの卵形で先はとがる。芽鱗は赤褐色で1〜2対見える。葉痕は半円形で小さく、やや隆起する。維管束痕は1個。(樹に咲く花)
学名は、Lagerstroemia indica
ミソハギ科サルスベリ属


2009年8月8日 玉湯街路樹
サルスベリ サルスベリ サルスベリ
サルスベリ サルスベリ サルスベリ
サルスベリ サルスベリ



2004年7月24日 法吉街路樹
サルスベリ サルスベリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑