サンヘンプ

1年草
インド原産。緑肥として栽培され、逸出野性化したものが散見される。茎は稜があり、有毛、上方で分枝して高さ1〜2.5mになる。葉は3mmほどの葉柄があり互生、葉身は線状楕円形、長さ3〜10cm、幅1〜3cm、先は鋭形〜鈍形、基部は鈍形、縁は全縁、中肋は下面に凸出する。両面とも白色毛を密生し、草全体が灰白色に見える。花は頂生の穂状花序に5〜20個つく。花冠は黄色から橙黄色、旗弁は2.5cmほど。上方の萼は2裂、下方の萼は3裂。豆果は長さ3cm、幅1.5cmほどで白色毛を密生し、下垂してつく。別名コヤシタヌキマメ。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
花の似たコガネタヌキマメは葉が倒狭卵形で幅広く、果実が無毛。
学名は、Crotalaria juncea
マメ科タヌキマメ属


2012年8月16日 植裁 西川津
サンヘンプ花 サンヘンプ花 サンヘンプ花
萼の上唇は2裂する。
サンヘンプ萼 サンヘンプ蕾 サンヘンプ花序
葉は細い楕円形、長さ約10cm。
サンヘンプ葉 サンヘンプ葉 サンヘンプ葉
サンヘンプ葉裏面 サンヘンプ葉柄 サンヘンプ茎
アメリカツノクサネムと一緒に生えている。
サンヘンプ サンヘンプ



2011年11月12日 植裁 西川津上の萼は2裂し、下は3裂する。
サンヘンプ花 サンヘンプ花 サンヘンプ萼
果実には毛が密生する。果実は長さ約2.5cm、幅約1cm。表面に毛が密生する。
サンヘンプ果実 サンヘンプ果実 サンヘンプ果実
種子は両側に1列に入る。種子は長さ約6mm。
サンヘンプ種子 サンヘンプ種子 サンヘンプ種子
葉は細い楕円形、長さ約9cm。葉の両面に毛が密生する。
サンヘンプ葉 サンヘンプ葉 サンヘンプ葉
サンヘンプ葉裏面 サンヘンプ サンヘンプ花序
サンヘンプ サンヘンプ サンヘンプ
2012年10月21日 若い果実 植裁 西川津果実は長さ約3.5cm、幅1.4cm。
サンヘンプ果実 サンヘンプ果実 サンヘンプ果実
果実の表面に毛が密生する。種子は両側に1列に入る。種子は長さ約8mm。
サンヘンプ果実 サンヘンプ果実 サンヘンプ種子
サンヘンプ果実 サンヘンプ花序 サンヘンプ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑