サネカズラ(実葛)

常緑つる性木本
関東地方以西〜沖縄の山野の林縁に生える。樹皮は古いつるはコルク層が発達して太い。新枝は赤褐色を帯び、皮をはぐと粘る。葉は互生。長さ5〜13cm、幅2〜6cmの長楕円形又は卵形。縁にまばらに鋸歯がある。両面とも無毛。葉柄は長さ約1cm。雌雄別株または同株。葉腋に直径約1.5cmの黄白色の花をつける。花被片は8〜17個、すべて花弁状。雄花の雄しべは球状につく。小さな葯が葯隔の両側につく。雌花の雌しべも球状につき、白っぽい花柱が伸びる。果実は集合果、直径2〜3cmの球形、11月に赤く熟す。種子は長さ約5mmの腎臓形。1個の液果に2〜5個入っている。表面はなめらか。別名 ビナンカズラ。花期は8月。
 冬芽は、長さ3〜7mmの長卵形。芽鱗が多い。(樹に咲く花)
学名は、Kadsura japonica
マツブサ科サネカズラ属


2015年9月2日 花後 上本庄花弁の落ちた雌花。球状に集まった雌しべ(子房)。直径約7mm。
サネカズラ	雌花 サネカズラ雌花 サネカズラ雌花
丸みのある4〜5角形の子房の間から白い柱頭が伸びる。断面、子房の側面から花柱が伸びる。
サネカズラ	雌花 サネカズラ雌花 サネカズラ雌花
1個の子房は長さ約2mm。子房の側面から白い花柱と柱頭が伸びる。蕾。
サネカズラ	雌花 サネカズラ雌花 サネカズラ蕾
サネカズラ
2015年8月23日 雄花 大野雄花と蕾。球状に集まった雄しべ。
サネカズラ雄花 サネカズラ雄花 サネカズラ雄花
葯隔と葯。葯隔を挟んで両端に葯がある。裏側から見た葯隔。葯隔は長さ約2mm。
サネカズラ葯隔 サネカズラ葯隔 サネカズラ葯隔
葯隔の裏側、葯が開いて花粉がでている。蕾の雄しべ。葯はまだ閉じている。
サネカズラ葯隔 サネカズラ葯隔 サネカズラ葯隔
葯隔の裏にあった昆虫の卵らしいもの。長さ約0.8mm。卵のようなものの拡大。
サネカズラ サネカズラ サネカズラ
幼虫(タマバエ?)のようなものの拡大。
幼虫の画像 サネカズラ



2011年8月14日 雄花 山代花被片を一部取り除いた。
サネカズラ雄花 サネカズラ雄花 サネカズラ雄花
サネカズラ花序 サネカズラ葉
2004年8月1日 雄花 玉湯
サネカズラ雄花 サネカズラ雄花
2007年9月2日 雄花 鹿島
サネカズラ雄花 サネカズラ雄花 サネカズラ蕾
葉の縁には小歯牙がある。
サネカズラ葉 サネカズラ葉裏面 サネカズラ葉
サネカズラ
2010年1月2日 果実 玉湯
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ葉
サネカズラ葉裏面 サネカズラ冬芽 サネカズラ葉痕
サネカズラ サネカズラ
2004年1月4日 果実 八雲
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ
2012年11月19日 果実 美保関集合果は直径約3.5cm。
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ果実
集合果はたくさんの果実がつく。1個の果実は長さ約1cm。果実に2個の種子があった。
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ果実
種子は長さ約5mmの腎形。
サネカズラ種子 サネカズラ
2012年2月4日 果実 玉湯1個の果実は長さ約7mm。
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ果実
腎臓形の種子が2個入っていた。種子は長さ約5mm。
サネカズラ種子 サネカズラ種子 サネカズラ
2015年9月5日 若い果実 佐草まだ果実が角張っている。
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ果実
花弁が落ちて間もない果実。まだ小さい集合果は直径約8mm。
サネカズラ果実 サネカズラ果実 サネカズラ果実
大きくなった集合果は直径約3.4cm。
サネカズラ果実 サネカズラ
2011年2月26日 冬芽 玉湯
サネカズラ冬芽 サネカズラ冬芽 サネカズラ葉
サネカズラ葉裏面 サネカズラ
2008年3月2日 冬芽 玉湯
サネカズラ冬芽 サネカズラ冬芽 サネカズラ葉
サネカズラ葉裏面 サネカズラ
2006年1月8日 冬芽 浜乃木
サネカズラ冬芽


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑