リュウノウギク(竜脳菊)

多年草
福島県・新潟県〜九州(宮崎県)の日当たりのよい丘陵や山地に生え、高さ40〜80cm。石灰岩地に多い。茎は細く、毛が密生する。葉は長さ4〜8cmの卵形〜広卵形で、ふつう3中裂し、ふちには大きな鋸歯がある。基部はくさび形。裏面は丁字状毛が密生し灰白色。頭花は直径2.5〜5cm。舌状花は白色、ときに淡紅色を帯びる。総苞は長さ約7mmの半球形。総包片は3列に並び、すべてほぼ同じ長さ。花期は10〜11月。(野に咲く花)
学名は、Chrysanthemum makinoi
キク科キク属


2013年11月5日 玉湯
リュウノウギク花 リュウノウギク花 リュウノウギク花
花は直径約3.2cm。
リュウノウギク総苞 リュウノウギク花 リュウノウギク花
頭花の断面、中心部は全て筒状花。舌状花(上)と筒状花(下)。舌状花(上)と筒状花(下)の子房。
リュウノウギク舌状花筒状花 リュウノウギク舌状花筒状花 リュウノウギク舌状花筒状花
舌状花は雌性。筒状花は両性。
リュウノウギク舌状花 リュウノウギク筒状花 リュウノウギク葉
表面はT字状毛が密生する。
リュウノウギク葉 リュウノウギク葉 リュウノウギク葉裏面
裏面のT字状毛。
リュウノウギク葉裏面 リュウノウギク リュウノウギク



2012年10月29日 玉湯花は直径約3cm。
リュウノウギク花 リュウノウギク花 リュウノウギク花
総苞外片の先端が内片とそろう。舌状花と筒状花。
リュウノウギク花 リュウノウギク総苞 リュウノウギク舌状花筒状花
舌状花も筒状花も冠毛はない。葉は葉柄を含めて長さ約3cm、3裂する。
リュウノウギク舌状花筒状花 リュウノウギク子房 リュウノウギク葉
葉の表面の毛の様子。
リュウノウギク葉 リュウノウギク葉 リュウノウギク葉
葉の裏面は毛が多く白っぽい。
リュウノウギク葉裏面 リュウノウギク葉裏面 リュウノウギク葉裏面
T字状毛が判別できない。
リュウノウギク葉裏面 リュウノウギク茎 リュウノウギク
リュウノウギク
2011年11月12日 鹿島
リュウノウギク花 リュウノウギク花 リュウノウギク総苞
リュウノウギク総苞 リュウノウギク舌状花 リュウノウギク舌状花
リュウノウギク筒状花 リュウノウギク葉 リュウノウギク葉
リュウノウギク葉 リュウノウギク葉裏面 リュウノウギク葉裏面
リュウノウギク茎 リュウノウギク リュウノウギク
リュウノウギク
2006年10月28日 佐草
リュウノウギク花 リュウノウギク花 リュウノウギク花
リュウノウギク葉 リュウノウギク葉 リュウノウギク葉裏面
リュウノウギク茎 リュウノウギク
2014年1月7日 果実 東忌部頭花は直径約1.5cm。舌状花の果実。
リュウノウギク果実 リュウノウギク果実 リュウノウギク果実
筒状花の果実。舌状花(上)、筒状花(下)の果実、長さ約1.5mm。舌状花(上)、筒状花(下)の果実。
リュウノウギク果実 リュウノウギク果実 リュウノウギク果実
筒状花の果実の先端。
リュウノウギク果実 リュウノウギク果実 リュウノウギク果実
2013年11月30日 果実 玉湯頭花は直径約1.3cm。
リュウノウギク果実 リュウノウギク果実 リュウノウギク果実
若い果実、舌状花(上)、筒状花(下)。果実は長さ約1mm、1.5mm。
リュウノウギク果実 リュウノウギク果実 リュウノウギク
2003年11月8日 加茂
リュウノウギク リュウノウギク
2004年10月30日 佐草
リュウノウギク リュウノウギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑