リンボク(鱗木)

常緑高木または小高木
関東・福井県以西〜沖縄の山地の谷間などの照葉樹林内などに生える。湿り気の多いところを好む。高さ5〜10m、直径30cmほどになる。樹皮は紫色を帯びた黒褐色。横に長い皮目がある。老木になると細かくはがれる。若い枝は紫褐色で無毛。円い皮目が多い。葉は互生。葉身は長さ5〜8cm、幅2〜3cmの狭長楕円形又は狭倒卵形。先端は尾状にとがり、基部は広いくさび形。ふちは波打つ。若い木では針状の鋭い鋸歯があるが、老木では全縁。表面は光沢があり、裏面は無毛。蜜腺は葉身の基部に1対あるが、あまり目立たない。葉柄は長さ8〜10mmで無毛。新枝の葉の脇から長さ5〜8cmの総状花序をだし、白い小さな花を多数つける。花序の軸や花柄には短毛が密生する。花序の下部には葉はつかない。花は直径約5mm。花弁は円形で5個、ふちには歯牙がすこしある。雄しべは多数あり、花弁より長くつきでる。萼筒は長さ約1.5mmの杯形。果実は核果。長さ1cmほどの楕円形。翌年の5〜6月に紫褐色から黒紫色に熟す。花期は9月〜10月。
冬芽は円錐形で濃褐色。芽鱗のふちに細かい鋸歯がある。(樹に咲く花)
学名は、Laurocerasus spinulosa
バラ科バクチノキ属


2012年9月24日 八雲
リンボク リンボク リンボク
リンボク リンボク リンボク
リンボク



2011年10月8日 花の終わり。 八雲
リンボク リンボク リンボク
若い果実。
リンボク リンボク リンボク
リンボク リンボク リンボク
2012年10月25日 果実 八雲
リンボク リンボク リンボク
2011年7月28日 八雲
リンボク リンボク リンボク
リンボク リンボク リンボク
リンボク リンボク リンボク
2011年3月12日 冬芽 八雲芽鱗に鋸歯がある。
リンボク リンボク リンボク
葉のふちは波を打つ。葉身基部の蜜腺は目立たない。
リンボク リンボク リンボク
葉身は8cm程度。
リンボク リンボク リンボク
若い木の葉には鋸歯がある。
リンボク リンボク リンボク
枝には丸い皮目が多い。
リンボク リンボク リンボク
リンボク

2012年8月12日 東出雲縁は波を打ち、先端は尾状に尖る。
リンボク リンボク リンボク
葉の基部の腺は不明瞭。葉の上部に鋸歯がある。針状の鋸歯。
リンボク リンボク リンボク
リンボク リンボク リンボク
枝には丸い皮目がある。
リンボク リンボク リンボク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑