オトメフウロ(乙女風露)

越年草。
ヨーロッパ原産。1950年に神奈川県藤沢市で見いだされた。その後も、本州や九州で散発的に認められている。茎は全体に開出した毛があり、基部からよく分岐し、斜上ないし直立する。全草アメリカフウロに類似し、長い葉柄がある基部の葉は円形で、5深裂し、さらに細裂して深く切れこむ。伸長した茎1節に2つの葉が対生するように見える。茎の上位につく葉では、その裂片は糸状になる。葉腋に花柄を出し、直径7mmほどの、紅紫色または淡紅色の5弁花を2個ほどつける。萼と花弁はそれぞれ5枚、花弁の先は少し凹む。果実は長さ約2cmの角果で、5つの分果に分かれ、表面には短毛がまばらにある。種子表面には目立った小さな凹みが一面に存在し、蜂の巣状になる。果実が熟し十分乾燥すると、中にある種子を弾き飛ばす。花期は春。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Geraniumu dissectum
フウロソウ科フウロソウ属


2013年5月26日 東出雲葯は青紫色。
オトメフウロ花 オトメフウロ花 オトメフウロ花
花は直径約5mm。
オトメフウロ花 オトメフウロ花 オトメフウロ果実
花柱に短毛と腺毛がある。果実は5個の分果。分果は長さ約2.5mm、短毛と腺毛がある。
オトメフウロ花柱 オトメフウロ果実 オトメフウロ果実
分果の中に種子が1個ある。種子は長さ約2mm。種子の表面に凹みが多数あり、蜂の巣状になる。
オトメフウロ果実 オトメフウロ種子 オトメフウロ種子
裂開し種子を飛ばしたあとの果実。下部の葉から上部の葉。
オトメフウロ種子 オトメフウロ果実 オトメフウロ葉
両面とも毛があり、葉柄にも毛が密生する。
オトメフウロ葉 オトメフウロ葉 オトメフウロ葉裏面
茎には下向きの毛がある。
オトメフウロ茎 オトメフウロ オトメフウロ
オトメフウロ



2010年5月4日 西浜佐陀葯は青紫色
オトメフウロ オトメフウロ オトメフウロ
若い果実腺毛が多い。
オトメフウロ オトメフウロ オトメフウロ
葉は切れ込みが深く、裂片が細い。茎には下向きの毛が密生する。
オトメフウロ オトメフウロ オトメフウロ
オトメフウロ オトメフウロ
2013年3月19日 東出雲
オトメフウロ葉 オトメフウロ葉 オトメフウロ
葉柄基部に托葉がある。
オトメフウロ葉 オトメフウロ葉 オトメフウロ
オトメフウロ葉 オトメフウロ葉 オトメフウロ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑