オトメギキョウ(乙女桔梗)

常緑多年草
クロアチア西部原産。草丈は10〜15cmほどで、小さな濃い緑色の葉を多数つけ、茎は根元から密に枝分かれする。それぞれの枝先に1〜数輪の花をつけ、花は青紫色で直径約2cm、釣り鐘形で上向き、あるいは斜め上向きに咲く。別名ベルフラワー。花期は4〜5月。
学名は、Campanula portenschlagiana
キキョウ科ホタルブクロ属



2015年5月7日 植栽 玉湯

オトメギキョウ花

オトメギキョウ花

オトメギキョウ花

花は長さ約2cm。花は直径約2.3cm。

オトメギキョウ

オトメギキョウ

オトメギキョウ葉

葉は約11×16mm。

オトメギキョウ葉

オトメギキョウ葉裏面

オトメギキョウ

オトメギキョウ

オトメギキョウ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑