オシロイバナ(白粉花)

多年草
熱帯アメリカ原産。江戸時代の元禄年間に記録されており、これ以前に観賞用に渡来して観賞用に栽培されたが、各地で逸出して野生化している。葉の表面や葉柄の一部を除いて無毛で、強靭な根株から節の膨れた多肉質の茎を出し、よく分岐して高さ約1mになる。葉は広卵形から長心臓形で全縁、短い柄で対生する。葉腋に短い柄のある花序を出し、直径約3cmで長さ約5cmほどの筒部を持つ花を夜から朝にかけて開く。花に見えるのは萼筒の変化したもので、紫紅、黄、橙、白など多様な色彩となる。果実は楕円形で黒熟し、白い粉質の胚乳を含む。花期は夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Mirabilis jalapa
オシロイバナ科オシロイバナ属


2005年10月30日 鹿島
オシロイバナ花 オシロイバナ蕾 オシロイバナ花序
果実は総苞に包まれている。
オシロイバナ果実 オシロイバナ オシロイバナ



2010年11月3日 鹿島
オシロイバナ花 オシロイバナ花 オシロイバナ葉
熟した果実未熟な果実
オシロイバナ葉裏面 オシロイバナ果実 オシロイバナ果実
オシロイバナ オシロイバナ
2013年10月28日 果実 鹿島果実は総苞に包まれている。
オシロイバナ果実 オシロイバナ果実 オシロイバナ果実
萼に包まれた果実は長さ約8mm。果実の縦断面、萼の中に果実がある。果実の中の粉質の胚。
オシロイバナ果実 オシロイバナ果実 オシロイバナ果実
萼を取り除いた果実、長さ約5mm。萎んだ花と蕾。若い果実。
オシロイバナ種子 オシロイバナ蕾 オシロイバナ果実
葉身は長さ約9cm。細毛がある。
オシロイバナ葉 オシロイバナ葉 オシロイバナ葉
裏面の葉脈に細毛がある。茎は節が膨らみ、無毛。
オシロイバナ葉裏面 オシロイバナ葉裏面 オシロイバナ茎
オシロイバナ オシロイバナ オシロイバナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑