オランダフウロ(和蘭陀風露)

越年草
ヨーロッパから西アジアにかけての原産。観賞用に栽培もされるが、ヨーロッパ、南北アメリカ、中近東、オーストラリア、アジアなどに広く分布している。全体に軟らかい軟毛を布き、茎は基部で分岐して横に50cmほどに広がる。葉は羽状複葉で対生、小葉は細裂する。葉腋に長い花序を出し、直径5mmほどの淡紅〜白色の5弁花を数個散生する。果実は長さ3〜5cmの嘴状となる。花期は春。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Erodium cicutarium
フウロソウ科オランダフウロ属
よく似た花にジャコウオランダフウロ(Erodium moschatum)があるが、オランダフウロの萼の先端は突起がありその先に1〜2本の刺毛がある。ジャコウオランダフウロには刺毛がない。
参考サイト


2016年6月14日 東出雲花が数個ずつつく。
オランダフウロ花 オランダフウロ花 オランダフウロ花
花は直径約8mm。萼の先に棒状突起があり2個の刺毛がある。
オランダフウロ花 オランダフウロ花 オランダフウロ萼
基部で分岐して広がる。
オランダフウロ葉 オランダフウロ オランダフウロ
幼植物。
オランダフウロ オランダフウロ


2016年5月31日 果実 東出雲果実には長い嘴がある。左は若い果実。
オランダフウロ果実 オランダフウロ果実 オランダフウロ果実
若い果実は嘴が伸びていない。嘴は長さ約3.5cm。
オランダフウロ果実 オランダフウロ果実 オランダフウロ果実
萼の先端は突起があり、刺毛がある。刺毛は1〜2本ある。
オランダフウロ萼 オランダフウロ萼 オランダフウロ萼
萼に腺毛がある。萼の中に5個の分果がある。分果は長さ約4.5mm。
オランダフウロ萼 オランダフウロ果実 オランダフウロ果実
白毛が密生する。分果の腹面。分果の頂部に2個の円形の凹みがある。
オランダフウロ果実 オランダフウロ果実 オランダフウロ果実
分果頂部の凹み。分果の中の種子。種子の背面、長さ約3mm。
オランダフウロ果実 オランダフウロ果実 オランダフウロ種子
種子の腹面、表面は無毛。中央部に膨らみがある。乾燥して分果の嘴部分が捩れて飛ばされる。
オランダフウロ種子 オランダフウロ種子 オランダフウロ果実
花柄に腺毛がある。茎葉は対生してつく。茎葉は長さ約4cm、小葉は細深裂する。
オランダフウロ花柄 オランダフウロ葉 オランダフウロ葉
開出した毛と腺毛が多い。葉に腺毛がある。葉の裏面も毛が多い。
オランダフウロ葉 オランダフウロ葉 オランダフウロ葉裏面
茎には開出した毛と腺毛がある。茎の腺毛。
オランダフウロ オランダフウロ茎 オランダフウロ茎
苞葉。
オランダフウロ苞葉 オランダフウロ オランダフウロ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑