オオオナモミ(大雄生揉)

1年草
北アメリカ原産。1929年に岡山県ではじめて見つかり、現在では各地に広く帰化している。茎は褐紫色を帯びるものが多く、高さ0.5〜2mになる。葉は長い柄があって互生し、卵形または広卵形で3〜5浅〜中裂する。ふちには不ぞろいの鋸歯があり、両面ともざらつく。雌雄同株。雄頭花は葉腋からでた短い花序につく。花糸は合着して筒をつくり、葯は離生している。雌頭花は雄花序の基部に集まってつく。総苞片が合着して壺形になり、なかに花冠がなく雌しべだけになった雌花が2個入っている。花柱は総苞の外につきでる。総苞は成熟すると肥厚してかたくなる。果苞は1.8〜2.5cmの楕円形で、先端にくちばし状の突起が2個あり、表面には長さ3〜6mmのカギ状の刺が密生する。熟すと褐色になる。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Xanthium occidentale
キク科オナモミ属


2009年9月19日 八雲雌花の2本の嘴の先から柱頭が出ている。
オオオナモミ花 オオオナモミ雌花 オオオナモミ雌花
雄花上部に雄花、下部に雌花がつく。
オオオナモミ雄花 オオオナモミ雄花 オオオナモミ花
オオオナモミ オオオナモミ葉 オオオナモミ葉裏面
オオオナモミ茎 オオオナモミ



2003年9月15日 佐草 上部が雄花、下部が雌花。
オオオナモミ花 オオオナモミ花序 オオオナモミ花序
2007年9月22日 雄花と雌花 八雲
オオオナモミ花序 オオオナモミ花 オオオナモミ葉
オオオナモミ葉 オオオナモミ葉 オオオナモミ
2012年11月7日 果実 乃木福富
オオオナモミ果実 オオオナモミ果実 オオオナモミ果実
果苞は嘴を含めて長さ約2cm。果苞の縦断面、2室ある。仕切りを挟んで2個の果実がある。
オオオナモミ果実 オオオナモミ果実 オオオナモミ果実
果苞の横断面。果実の長さ約1.2cm。
オオオナモミ果実 オオオナモミ果実 オオオナモミ果序
オオオナモミ
2012年4月14日 果実 八雲果実はこの果苞の中にある。果苞の縦断面。2個の果実が入る。
オオオナモミ果実 オオオナモミ果実 オオオナモミ果実
果皮のとれた種子
オオオナモミ種子 オオオナモミ
2011年3月12日 果実 八雲
オオオナモミ果実 オオオナモミ果実 オオオナモミ果序
オオオナモミ
2004年12月18日 果実 玉湯2003年10月18日 果実 上東川津
オオオナモミ果実 オオオナモミ果実
2010年6月9日 若葉 玉湯
オオオナモミ葉 オオオナモミ葉 オオオナモミ葉裏面
オオオナモミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑