オオキンケイギク(大金鶏菊)

多年草
北アメリカ原産。明治中期に導入、栽培されたものが、広く野性化、河川敷や道路沿いなどに大群落をつくる。茎は束生し高さ30〜70cm、根生葉は長い柄があり、3〜5小葉に分裂する。両面ともあらい毛がある。頭状花は直径5〜7cm、舌状花は橙黄色で花冠の先は歯状のきざみがある。筒状花も同じ色で花床に細長い鱗片がある。果実は扁平、暗褐色で光沢を欠き、半透明の薄いひれに取り巻かれる。花期は初夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Coreopsis lanceolata
キク科キンケイギク属
似た花のキンケイギク(Coreopsis basalis)は舌状花の基部が紫褐色の蛇の目。
ホソバハルシャギク(キンケイ菊)(Coreopsis grandiflora)は別種で、葉は全て茎につき、対生または複生する。
環境省特定外来生物(植物) PDF


2015年5月25日 宍道
オオキンケイギク花 オオキンケイギク花 オオキンケイギク蕾
花は直径約8cm。花の中心部は筒状花。舌状花には雌しべ、雄しべはない。
オオキンケイギク花 オオキンケイギク筒状花 オオキンケイギク舌状花
舌状花に退化した雌しべ状のものがある。筒状花は子房を含めて長さ約1cm。若い果実は長さ約3.5mm。
オオキンケイギク舌状花 オオキンケイギク筒状花 オオキンケイギク果実
果実は内側に曲がり、周囲に翼がある。長さ約0.4mmの冠毛がある。
オオキンケイギク果実 オオキンケイギク冠毛 オオキンケイギク冠毛
下部の葉は3裂する。上部の葉は裂けない。
オオキンケイギク葉 オオキンケイギク葉 オオキンケイギク葉
茎や葉には毛が多い。上部の葉は裂けない。
オオキンケイギク茎 オオキンケイギク オオキンケイギク



2005年5月21日 乃木福富
オオキンケイギク花 オオキンケイギク花 オオキンケイギク葉
オオキンケイギク
2004年5月15日 浜乃木
オオキンケイギク花 オオキンケイギク
2006年6月3日 乃白葉は深裂する。枯れた花がとれ、果実が出る。
オオキンケイギク花 オオキンケイギク葉
2015年6月24日 果実 浜乃木
オオキンケイギク果実 オオキンケイギク果実 オオキンケイギク果実
総苞は長さ約2.5cm。総苞は直径約2cm。果実は偏平で翼があり、反っている。
オオキンケイギク果実 オオキンケイギク果実 オオキンケイギク果実
果実は長さ4mm、幅約5.5mm。中に種子が 1個ある、長さ約3mm。未成熟な果実。
オオキンケイギク果実 オオキンケイギク種子 オオキンケイギク
オオキンケイギク オオキンケイギク
2011年7月6日 果実 上東川津果実の周囲に翼がある。
オオキンケイギク果実 オオキンケイギク果実 オオキンケイギク果実
オオキンケイギク花後 オオキンケイギク花後 オオキンケイギク花
葉は深裂する。
オオキンケイギク花 オオキンケイギク葉 オオキンケイギク
2006年5月3日 蕾 浜乃木葉は対生する。
オオキンケイギク蕾 オオキンケイギク オオキンケイギク
2011年5月2日 川津葉は対生する。
オオキンケイギク葉 オオキンケイギク葉 オオキンケイギク
オオキンケイギク オオキンケイギク
2007年2月12日 根生葉 乃白
オオキンケイギク根生葉 オオキンケイギク根生葉 オオキンケイギク
2005年7月10日 乃白
オオキンケイギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑