オオキジノオ(大雉の尾)

常緑性シダ植物
関東以西〜九州の沢沿いや山地の湿気た斜面に生える。葉は2形。栄養葉の葉身は、広楕円形の単羽状複葉、先端は急に狭まり頂羽片がある。羽片は有柄で鎌状に曲らず、先の方では基部は下側が広く中軸に沿着する。中軸の表面は平たく、裏面は丸い。胞子葉の羽片は線形で有柄、羽軸沿いに胞子嚢群を長くつけ、熟した後は枯れる。
学名は、Plagiogyria euphlebia
キジノオシダ科キジノオシダ属


2008年7月13日 胞子葉 羽片は細く線形。 八雲市場栄養葉
オオキジノオ オオキジノオ オオキジノオ
先端は頂羽片となる。上部羽片の基部は下側が広く茎に沿着する。上部以外の羽片には柄がある。
オオキジノオ オオキジノオ オオキジノオ
オオキジノオ



2008年6月1日 栄養葉 八雲市場羽片は有柄
オオキジノオ オオキジノオ オオキジノオ
オオキジノオ オオキジノオ オオキジノオ
オオキジノオ
2009年4月19日 新芽 宍道羽片は有柄。
オオキジノオ オオキジノオ オオキジノオ
上部羽片の基部は下側が中軸に沿着する。
オオキジノオ オオキジノオ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑