オオカワヂシャ(大川萵苣)

多年草
ヨーロッパからアジアにかけての原産。関東地方以西の水辺で見いだされている。全体無毛。地中を横走する根茎から茎を直立し、高さ1mほどになる。葉は長楕円形〜披針形、縁には細かな鋸歯があり、無柄で対生する。茎上部の葉では基部が心形となって茎を抱く。葉腋に穂状の花序を出し、直径5mmほどの淡紫色〜白色の4深裂した花を多数つける。果実は球形、先端が凹み、長さ3mmほどの花柱が残る。果柄は上を向く。花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Veronica anagallis-aquatica
オオバコ科クワガタソウ属


2013年5月22日 福富花は穂状花序につく。
オオカワヂシャ花 オオカワヂシャ花序 オオカワヂシャ葉
花は直径約7mm。若い果実、残存花柱が萼から飛び出す。果実は萼に包まれ花柱が残る。
オオカワヂシャ花 オオカワヂシャ果実 オオカワヂシャ果実
果実は長さ約4mm。果実には多数の種子が入る。
オオカワヂシャ果実 オオカワヂシャ種子 オオカワヂシャ種子
種子は長さ約0.5mm。葉は対生する。
オオカワヂシャ種子 オオカワヂシャ種子 オオカワヂシャ葉
葉は長さ約6cm。縁に細かな鋸歯がある。脈が裏面に突出している。
オオカワヂシャ葉 オオカワヂシャ葉 オオカワヂシャ葉裏面
葉の基部は茎を抱く。
オオカワヂシャ オオカワヂシャ オオカワヂシャ
溝に生えている。
オオカワヂシャ オオカワヂシャ オオカワヂシャ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑