オオカナダモ(大カナダ藻)

多年草
南米原産で、本州〜沖縄で野性化。湖沼やため池、河川、水路などに生育する常緑沈水植物。茎は盛んに分枝し、長さは1mを超えることもある。葉は茎に密につき3〜5(〜8)輪生(4輪生が多い)、広線形で長さ1.5〜4cm、幅2〜4.5mm、葉縁には細鋸歯がある。日本で野生化しているのは雄株のみ。葉腋の苞鞘には2〜4個の雄花の蕾があり、1日1花ずつ水面上に出て開花する。花柄は長さ3〜8cm、花弁は白色で3枚、長さ5〜10mm、幅3〜8mmで表面(内側)にひだがある。雄しべは9本。外部形態は変異に富み、ときにクロモとまぎらわしいことがあるが、輪生葉の数、白い花弁のある花、常緑の生態などで識別できる。日本では切れ藻による栄養繁殖で分布を広げている。花期は5〜10月。(日本の水草)
学名は、Egeria densa
トチカガミ科オオカナダモ属


2012年7月24日 八雲
オオカナダモ オオカナダモ オオカナダモ
オオカナダモ オオカナダモ



2010年10月13日 浜乃木
オオカナダモ オオカナダモ オオカナダモ
オオカナダモ オオカナダモ
2009年7月12日 玉湯
オオカナダモ オオカナダモ オオカナダモ
オオカナダモ
2012年10月16日 西嫁島
オオカナダモ オオカナダモ オオカナダモ
葉が8輪生している。葉は長さ約1cm。葉の縁に鋸歯がある。
オオカナダモ オオカナダモ オオカナダモ
オオカナダモ
2005年9月10日 八雲川向2004年8月21日 西忌部
オオカナダモ オオカナダモ オオカナダモ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑