オオカモメヅル(大鴎蔓)

つる性多年草
北海道〜九州の山の木陰に生える。葉は3角状狭卵形で膜質、ほとんど無毛、先は長くとがり、基部は心形でやや耳状にはり出し長さ6〜12cm、幅2〜6cm、葉柄は6〜20mm。花序は小さく葉腋につき、花は淡暗紫色で径約5mm、花冠裂片の内面にちぢれ毛がある。副花冠は星状に開出し裂片はずい柱より短い。袋果は無毛、水平に開出し長さ4〜6cm。花期は7〜8月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Tylophora aristolochioides
キョウチクトウ科オオカモメヅル属


2016年6月18日  美保関
オオカモメヅル花 オオカモメヅル花 オオカモメヅル花
花は直径約6mm。副花冠は星形に開出する。
オオカモメヅル花 オオカモメヅル花 オオカモメヅル花
花冠の内面に縮れた毛がある。
オオカモメヅル花 オオカモメヅル花 オオカモメヅル花
花冠の裏面。葉先は尖っている。
オオカモメヅル オオカモメヅル オオカモメヅル葉
葉身は長さ約9.5cm。葉脈に毛がある。
オオカモメヅル葉 オオカモメヅル葉 オオカモメヅル葉裏面
裏面の葉脈にも毛がある。茎に毛がある。
オオカモメヅル葉裏面 オオカモメヅル オオカモメヅル
オオカモメヅル





島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑