オオイヌホオズキ(大犬酸漿)

1年草または短命な多年草
南アメリカ原産。本州以南に古くから帰化していたと思われ、市街地だけでなく、河川敷、畑地、林縁などに普通に見られる。茎は直立するが、越冬した大きな株では基部が倒伏し、長さ2〜3mに達する。葉は卵形で全縁または波状の鋸歯があり、下面全体に細毛を密生する。花序は5〜8花をつけ、花数が多くなると基部の小花柄1〜2個は離れてつき、花序はやや総状となる。花冠は白色ときに紫色を帯び、直径8〜12mm、5深裂し、裂片は基部近くまで切れ込み、幅が狭い。果実はほぼ球形で、直径7〜10mm、やや光沢があり、果皮は黒く熟すが、完熟するまでは果肉は緑色で、60〜120種子を入れ、4〜10個の白色球状の顆粒を含む。種子は淡黄褐色で小さく、長さ1〜1.3mm。花冠が大きく、花序がやや総状になるために在来のイヌホオズキと混同されるが、イヌホオズキは花冠がやや浅く切れ込み、裂片の幅が広いこと、果実にまったく光沢がないこと、種子が長さ約2mmあること、果肉中に白色球状の顆粒を含まないことで区別できる。花期は8〜12月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Solanum nigrescens
ナス科ナス属
種子の大きさと1果中に入っている数
 オオイヌホオズキ   :1.0−1.3mm、60〜120個、球状顆粒4〜10個
 イヌホオズキ     :2mm    、30〜60個 、球状顆粒 なし
 アメリカイヌホオズキ :1.0〜1.3mm、60〜120個、球状顆粒4〜10個
 テリミノイヌホオズキ :1.5〜1.8mm、      、球状顆粒1〜4個
 カンザシイヌホオズキ :1.5〜1.8mm、      、球状顆粒 なし
イヌホオズキの仲間


2005年9月3日 西忌部あまり輝きのない実
オオイヌホオズキ オオイヌホオズキ オオイヌホオズキ
種子と球状顆粒
オオイヌホオズキ



2004年10月30日 佐草
花の色はアメリカイヌホオズキを思わせるが、花が7個程度と多い。散状花序から外れて花柄がつく。
オオイヌホオズキ オオイヌホオズキ オオイヌホオズキ
種子 95個球状顆粒 4個
オオイヌホオズキ オオイヌホオズキ
2005年10月1日 高さが約2m 佐草
オオイヌホオズキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑