オオヒメワラビ(大姫蕨)

夏緑性シダ植物
本州〜九州の山地の湿気た林床に生える。葉柄はわら色から薄緑色、基部鱗片は披針形で褐色。葉は1回羽状複葉で形には変化が多い。羽軸に狭い翼がある。ソーラスは小さい円腎形で、中肋と辺縁の中間につく。包膜は馬てい形、鈎形、円腎形。
学名は、Deparia okuboana
イワデンダ科オオシケシダ属



2009年5月23日 八雲

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ




2009年5月23日 八雲

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

2008年8月2日 八雲葉軸の様子

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

羽軸には翼がある。

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

2008年8月2日 八雲羽片には短い柄がある。

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

小羽片は無柄で羽軸に流れて翼になる。

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

2008年4月20日 八雲先端の部分

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

羽軸にははっきりした翼がある。

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ

オオヒメワラビ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑