オオハルシャギク(大春車菊)

1年草
メキシコ原産。休耕田や道路沿いに景観作物として広く使われており、しばしば野生化している。全体無毛。茎は直立してよく分岐し、高さ2mに達する。葉は2〜3回羽状に細裂し、裂片は線状、柄があって対生しする。茎の頂が分岐してその先に直径7cmほどの頭状花を多数つける。舌状花は先端3裂して大きく10枚前後、白色〜淡紅紫色、筒状花は黄色。そう果は線形で長さ1cmほど。別名コスモス。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Cosmos bipinnatus
キク科コスモス属


2008年9月27日 八雲蕾。
オオハルシャギク花 オオハルシャギク花 オオハルシャギク蕾
葉は羽状に細裂する。葉は対生する。
オオハルシャギク葉 オオハルシャギク茎 オオハルシャギク
オオハルシャギク



2015年10月24日 果実 大東若い果実。
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
開出した集合果は直径約2cm。鱗片と果実。
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
果実は長さ6.5〜9mm、長い嘴がある。果実は4稜形。果実の横断面。
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
嘴と果実の上部に上向きの刺が多い。果実の下半部は小さい刺が疎らにある。果実の4つの面に縦の溝がある。
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
オオハルシャギク
2013年11月16日 果実 朝酌
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
果実は長さ7〜12mm、嘴がある。果実の嘴。
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
表面にイボ状の模様がある。
オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実 オオハルシャギク果実
若い果実。
オオハルシャギク果実


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑