オオベニシダ(大紅羊歯)

常緑シダ植物
関東地方以西〜九州の低山のやや乾いた林縁に生える。根茎は斜上し塊状。葉柄はわら色、基部に披針形、褐色〜暗褐色、全縁の鱗片がつく。葉身は2回羽状複葉〜3回羽状深裂、先端はしだいに狭まる。最下羽片の基部の第1羽片は短く有柄で中裂〜深裂、羽軸裏に基部が扁平状の鱗片が多い。ソーラスは小羽片の中肋寄りにつく。包膜は灰白色で、薄紅色を帯びることがある。
学名は、Dryopteris hondoensis
オシダ科オシダ属


2008年4月27日 東忌部最下羽片の上向き小羽片より下向き小羽片が少し長い。
オオベニシダ オオベニシダ オオベニシダ
羽軸裏の鱗片基部は扁平羽軸に袋状鱗片は少ない。
オオベニシダ オオベニシダ オオベニシダ

葉柄基部鱗片は褐色〜暗褐色。古い葉。
オオベニシダ オオベニシダ オオベニシダ
オオベニシダ オオベニシダ



2008年6月15日 東忌部
オオベニシダ オオベニシダ オオベニシダ
オオベニシダ オオベニシダ オオベニシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑