オオバノヤエムグラ(大葉の八重葎)

多年草
北海道〜九州の山地の日当たりのよい草地などに生える。茎は4稜形で、稜上に生えた下向き刺でほかのものにからまって長さ1mぐらいになる。葉は4〜6個輪生し、長さ1.5〜2.5cm、幅0.5〜1cmの倒被針形〜楕円形で、先端は急に細くなって短くとがる。表面にはまばらに短毛が生え、縁と裏面の脈上には下向きの刺毛がある。花は黄緑色で直径約1.5mm。花冠は4裂する。分果は直径1.5〜2mmで、曲がった毛が密生する。 花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Galium pseudoasprellum
アカネ科ヤエムグラ属


2013年7月25日 大東
オオバノヤエムグラ花 オオバノヤエムグラ花 オオバノヤエムグラ花
花は直径約1.5mm。子房には曲がった毛が密生する。
オオバノヤエムグラ花 オオバノヤエムグラ花 オオバノヤエムグラ花
オオバノヤエムグラ花 オオバノヤエムグラ果実 オオバノヤエムグラ果実
果実は長さ約1.5mm。カギ状の毛が密生する。
オオバノヤエムグラ果実 オオバノヤエムグラ果実 オオバノヤエムグラ果実
葉が5個輪生している。葉の裏面脈上に刺が見える。下部の広い葉、長さ約1.3cm。
オオバノヤエムグラ葉 オオバノヤエムグラ葉 オオバノヤエムグラ葉
葉の縁や表面に毛がある。葉の脈上に刺が見える。
オオバノヤエムグラ葉 オオバノヤエムグラ葉 オオバノヤエムグ葉裏面
裏面脈上に刺がある。葉の先端は急に細まり、芒状に尖る。茎に下向きの刺がある。
オオバノヤエムグラ葉裏面 オオバノヤエムグラ葉 オオバノヤエムグラ茎
茎の下向きの刺。葉腋から分岐した細い花序を出す。
オオバノヤエムグラ茎 オオバノヤエムグラ花序 オオバノヤエムグラ花序
葉が4〜6個輪生する。
オオバノヤエムグラ オオバノヤエムグラ オオバノヤエムグラ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑