オニユリ(鬼百合)

多年草
古い時代に鱗茎を食用にするため渡来したものらしい。朝鮮南部が原産地と考えられている。古くから栽培され、北海道〜九州の人里近くにしばしば野生している。茎は高さ1〜2mになり、暗紫色の斑点がある。茎の上部にははじめ白い綿毛がある。葉は互生し、長さ5〜18cm、幅0.5〜1.5cmの披針形〜広披針形で先はとがる。葉には柄がなく、基部に黒紫色の珠芽(むかご)ができる。茎の上部に直径10〜12cmの花を4〜20個つけ、横向きまたは下向きに咲く。花被片は強く反り返り、橙赤色で濃い色の斑点がある。花粉は暗紫色。種子はできない。花期は7〜8月。(野に咲く花)
学名は、Lilium lancifolium
ユリ科ユリ属
日本には珠芽(むかご)をつけるユリは、オニユリしかない。似た花にむかごをつけないコオニユリがある。
コオニユリは実生から6〜8年立たないと開花しない。オニユリはムカゴから3年くらい、タカサゴユリは1年目に開花する。


2010年7月26日 玉湯
オニユリ オニユリ オニユリ
2009年8月1日 玉湯
オニユリ オニユリ オニユリ
オニユリ オニユリ



2009年7月12日 蕾 玉湯
オニユリ オニユリ
2009年7月5日 蕾 玉湯
オニユリ オニユリ
2009年6月20日 蕾 玉湯珠芽ができ、茎に綿毛がある。
オニユリ オニユリ オニユリ
2009年5月31日 玉湯珠芽ができ、茎に綿毛がある。
オニユリ オニユリ オニユリ
オニユリ

珠芽(ムカゴ)を植えてからの毎年の様子。
2013年7月22日 開花 4年目。
オニユリ花 オニユリ花 オニユリ
2013年6月22日 蕾 4年目。
オニユリ蕾 オニユリ オニユリ
2013年4月29日 4年目。
オニユリ オニユリ オニユリ
2012年6月6日 3年目。
オニユリ オニユリ オニユリ
2011年5月15日 2年目。
オニユリ オニユリ オニユリ
2011年4月16日 2年目の芽生え。
オニユリ オニユリ オニユリ
2010年3月19日 芽生え。
オニユリ オニユリ
2009年9月12日 8月に植えたむかご。
オニユリ オニユリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑