オニヤブソテツ(鬼藪蘇鉄)

常緑シダ植物
北海道〜九州の海岸付近に生える。葉柄基部に卵状、褐色〜黒褐色の鱗片がつく。葉は単羽状複葉で、頂羽片がある。側羽片は卵状長楕円形の鎌状で8〜15対つき、基部は円形で耳垂突出はなく、辺縁は全縁で多少波打つ。先端は尾状にのびて辺縁は全縁。ソーラスは円形で、包膜は灰白色で中心部は黒色になる。
学名は、Cyrtomium falcatum
オシダ科ヤブソテツ属


以下は海岸に生えソーラスの中心部が黒いのでオニヤブソテツとするが、耳垂が発達しているなど不確かなところもある。
2008年3月8日 秋鹿
オニヤブソテツ オニヤブソテツ オニヤブソテツ
オニヤブソテツ オニヤブソテツ オニヤブソテツ



2008年5月6日 鹿島頂羽片の先端。羽片基部上方の耳垂が突出する。
オニヤブソテツ オニヤブソテツ オニヤブソテツ
ソーラスの中心部が黒くなる。羽片の先端部は全縁。
オニヤブソテツ オニヤブソテツ オニヤブソテツ
新芽。葉柄基部の鱗片。
オニヤブソテツ オニヤブソテツ オニヤブソテツ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑