オニウシノケグサ(鬼牛の毛草)

多年草
ヨーロッパ原産で、北海道〜本州の路傍や草地などに生育し、群生する。根茎は短く叢生し、匍匐根茎を欠く。茎は高さ60〜150cm、数本叢生し、太く緑色・平滑。葉は長さ30〜40cm、幅5〜8mm、広線形、やや厚く無毛。葉舌は短く革質・切形、長さ2mm内外。葉耳の縁に細毛がある。花序は粗大な円錐形、長さ20〜30cm。小穂は披針形、偏平、平滑、長さ15〜18mm、わずかに紫色を帯び、8〜10小花からなるが、うち2個は不稔花である。包穎は披針形、鋭頭、長さ6.5〜8.5mm。小花は披針形、長さ8〜9mm。果実は倒卵状長楕円形、円頭、やや偏平、腹面は少しくぼみ灰黄色を帯び、長さ3〜4mm。花期7月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Festuca arundinacea
イネ科ウシノケグサ属


オニウシノケグサは葉耳に開出毛がああり、第1苞穎が長さ5〜7mmとされる。以下は第1苞穎が3.5mm程度しかなくヒロハノウシノケグサ、オオウシノケグサとも思われるが、とりあえずオニウシノケグサとしている。

「日本の野生植物検索表」に下記のような記載がある。
(ヒロハノウシノケグサは、オニウシノケグサの葉耳の縁毛脱落による誤同定が殆んどで、又各図鑑の区別キーも曖昧で実用にならない。以下寸法も参考程度であり、これらでの区別は無理であろう。長田1993図に内穎竜骨の違いが載るが、同定に使用出来るかは不明である。関東周辺で見たことなく、現在生育は無いと考えている。)

2015年5月25日 玉湯花序の節から2個の枝を出す。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
花序は長さ約15cm。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
小穂は長さ12mm。6小花があった。第1苞穎は長さ約3.5mm。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
第2苞穎は長さ約5mm。護穎の先は長さ約2mmの芒がある。護穎の先端が伸びて芒となる。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
内穎は護穎とほぼ同長。花序軸に細かい逆刺がある。葉舌はごく短い。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
茎や葉鞘は無毛。花茎は長さ約50cm。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ
2014年6月1日 美保関
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
花序は長さ約10cm。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
各節から長短の2本の枝を出す。小穂は長さ約8mm。小穂には芒のある小花とないものがある。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
長さ約0.5mmの芒のある護穎。第1苞穎は長さ約4mm、第2苞穎は約5mm。外穎(上)と内穎(下)は同長。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
葉耳がある。葉耳に毛があり、葉舌は短い。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ



2011年6月15日 大平山
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
花軸から長短2本の枝を出す。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
護衛の先に芒がある。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ
2010年5月22日 玉湯
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ
2009年9月21日 宍道
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
2009年5月9日 玉湯
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
2009年5月8日 乃木福富
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
2008年6月8日 持田
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ


葉身基部に葉耳がある。葉舌はごく短い。
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ
オニウシノケグサ オニウシノケグサ オニウシノケグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑