オニタビラコ(鬼田平子)

1〜越年草
日本全土の道端や公園、庭のすみなどによく生える。高さ0.2〜1m。ところによっては群生するが、独立して生えていることも多い。全体にやわらかく、細かい毛がある。茎や葉を切ると白い乳液がでる。根生葉はロゼット状につき、長さ8〜25cm、幅1.7〜6cmで、頭大羽状に深裂する。頂裂片は三角状卵形で先は丸い。下部の葉は根生葉に比べ、先がとがる。茎の上部の葉は少なく、小型で少し褐紫色を帯びることが多い。茎の先に直径7〜8mmの黄色の頭花を散房状に多数つける。花期はふつう5〜10月だが、南の地方では1年中咲いているところもある。総苞は長さ4〜5mmの円筒形。内片は1列に並び、外片はごく小さい。花のあと総苞の基部はふくらむ。総苞片はそう果が熟すとそり返る。冠毛は白色。花期は5〜10月。(野に咲く花)
学名は、Youngia japonica
キク科オニタビラコ属

最近ではオニタビラコを、
 アカオニタビラコ----根生葉の葉先が尖らず、茎は多毛、頭花は小さい。
 アオオニタビラコ----根生葉の葉先は尖り、茎は小毛、茎葉はほとんどなく、頭花は大きい。
 に分けられる。
似た花でヤブタビラコ属のヤブタビラココオニタビラコの果実には冠毛がないことで区別できる。


2011年4月24日 玉湯
オニタビラコ花 オニタビラコ花序 オニタビラコ葉
裏面は脈上に毛が多い。
オニタビラコ葉 オニタビラコ葉裏面 オニタビラコ茎
オニタビラコ オニタビラコ オニタビラコ



2011年5月7日 布志名
オニタビラコ蕾 オニタビラコ葉 オニタビラコ茎
オニタビラコ根生葉 オニタビラコ

2006年11月25日 佐草
オニタビラコ花 オニタビラコ根生葉 オニタビラコ根生葉
オニタビラコ葉裏面 オニタビラコ茎 オニタビラコ
オニタビラコ オニタビラコ
2004年4月10日 田和山
オニタビラコ花 オニタビラコ根生葉 オニタビラコ根生葉
2008年5月25日 上乃木
オニタビラコ花 オニタビラコ根生葉 オニタビラコ茎
オニタビラコ
2013年5月9日 果実 西長江
オニタビラコ果実 オニタビラコ果実 オニタビラコ果実
冠毛は長さ約3mm。総苞に包まれた果実。
オニタビラコ果実 オニタビラコ果実 オニタビラコ果実
果実は長さ約2mm、縦皺がある。表面に上向きの短毛がある。
オニタビラコ果実 オニタビラコ果実 オニタビラコ果実
冠毛には上向きの刺がある。花は直径約1.2cm。
オニタビラコ果実 オニタビラコ花 オニタビラコ花
花のあと、総苞の基部がふくらむ。
オニタビラコ花 オニタビラコ花 オニタビラコ総苞
葉は羽状に深裂する。
オニタビラコ総苞 オニタビラコ花序 オニタビラコ根生葉
裏面には毛が多い。
オニタビラコ葉 オニタビラコ葉裏面 オニタビラコ葉裏面
オニタビラコ オニタビラコ オニタビラコ
2012年5月14日 果実 玉湯長い白色の冠毛がある。果実は長さ約2mm。
オニタビラコ果実 オニタビラコ果実 オニタビラコ果実
花のあと総苞の基部は膨らむ。開花前の総苞は円筒形。外総苞片は小さい。
オニタビラコ総苞 オニタビラコ総苞 オニタビラコ花序
オニタビラコ花序 オニタビラコ
2007年2月4日 ロゼット葉 城山公園
オニタビラコ ロゼット葉 オニタビラコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。