オニバス(鬼蓮)

1年草
本州〜九州のyaya 富栄養化した湖沼やため池、河川、クリークなどに生育する浮葉植物。植物全体に刺がある。茎は塊状。葉は根生する。初期の浮葉は基部に切れ込みのある長楕円形、10数枚目の葉から楯状の円形になる。成長した浮葉の直径は0.3〜1.5m、ときに2mを超える。表面には著しいしわがある。裏面は鮮やかな赤紫色で葉脈が桟状に隆起する。花には水中で自家受粉する閉鎖花と、水面上に出て開花する開放花があり、前者は6月下旬から10月、後者は7〜9月。萼片は4枚、花弁は紫色で多数。子房下位で雌しべの柱頭は凹盤状。果実は鋭い刺のある楕円形。種子は寒天質の仮種皮につつまれ、直径約1cm。開放花はほとんど結実せず、種子生産の大半は閉鎖花による。種子は休眠状態で数十年間は生存可能と推定されている。花期は7〜9月。(日本の水草)
学名は、Euryale ferox
スイレン科オニバス属


島根県の資料に「昭和30年代まではいくつかのため池や松江城の堀にも群生していたが、アメリカザリガニやウシガエルの食害、除草剤の影響、あるいは農業形態の変化によりため池が適切に管理されなくなったことなどから、現在は松江市内の1つのため池のみで自生している。」 とされているが、下記のオニバスは他の場所にあった。
2013年10月17日 No.1No.2No.3
オニバス オニバス オニバス



2013年9月26日 No.1No.2No.3
オニバス オニバス オニバス
2013年9月16日 No.1
オニバス花 オニバス花 オニバス
葉の裏面。
オニバス オニバス
No.2No.3
オニバス オニバス
2013年9月10日 No.3
オニバス オニバス オニバス
No.1
オニバス オニバス オニバス
No.2
オニバス オニバス オニバス
2013年8月26日 No.1 直径約1.5m。表面に刺がある。
オニバス オニバス オニバス
No.2No.3No.4 8月21日のものは傷んで沈みかけていた。
オニバス オニバス オニバス
2013年8月21日しわが多い。刺がある。
オニバス オニバス オニバス
直径は約1m。
オニバス

6月24日には全く見られなかった。
2015年6月4日2箇所で3株。
オニバス オニバス オニバス

8月23日に確認すると全てがなくなっていた。今年は水路にヒシが少なかったが、このことが何か関わっているかは不明。
2014年7月12日1箇所で1株。
オニバス オニバス
2014年6月24日2箇所で2株。
オニバス オニバス オニバス
2014年6月1日2箇所で2株。
オニバス オニバス


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑