オクマワラビ(雄熊蕨)

常緑性シダ植物
北海道〜九州の低地から山地までの林縁に生える。根茎は太く直立。葉柄基部に広披針形、光沢のある黒褐色〜褐色の鱗片が密生し、中軸では黒褐色で狭披針形の鱗片がまばらにつく。葉身は1回羽状複葉で、下部の羽片は短くならない。小羽片の先端は円頭〜鈍頭。小脈は二叉。ソーラスは小羽片の中肋と辺縁の中間に、葉身の上部半分近くまでつき、その部分の羽片は縮まない。
学名は、Dryopteris uniformis
オシダ科オシダ属


2008年5月6日 鹿島最下部の羽片小羽片の先は尖らない。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
葉脈は凹まない。小羽片に鋸歯がある。ソーラスは葉身の上半部につく。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
葉柄には黒褐色の鱗片が密生する。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
オクマワラビ



2008年5月6日 鹿島
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
小羽片には鋸歯がある。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
葉柄には黒褐色の鱗片が密生する。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
オクマワラビ
2008年5月4日 玉湯最下部の羽片。葉の上部
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
脈はあまり凹まない。ソーラスは葉の上半分につく。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
ソーラスのつく小羽片は縮まない。ソーラスは大きい。中軸、葉柄の鱗片は黒褐色で密生する。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
オクマワラビ オクマワラビ
2008年4月27日 東忌部
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
中軸には黒褐色狭披針形の鱗片がつく。葉柄基部には黒褐色広披針形の鱗片が密生する。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ

ソーラスは葉身上半部の羽片につく。
オクマワラビ オクマワラビ オクマワラビ
オクマワラビ オクマワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑