オカメザサ(阿亀笹)


日本原産だが自生地ははっきりしない。関東地方以西で広く栽培され、逸出して野生状態のものも多い。稈は高さ1〜2m、直径3〜4mmになる。芽溝が深くて広いので、断面は半円形に近い。枝は1節から3〜5個でる。枝はごく短く、節が2個あり、先端に葉がふつう1個、まれに2個つく。葉身は長さ6〜10cm、幅2〜2.5cm。裏面には軟毛が密生する。枝先に直接葉がつき、葉鞘はない。したがって肩毛もない。(樹に咲く花)
学名は、Shibataea kumasaca
イネ科オカメザサ属


2010年9月18日 八雲枝は短く、2節の先端に葉がふつう1個つく。
オカメザサ オカメザサ オカメザサ


崖に伸びる根茎。
オカメザサ オカメザサ オカメザサ
オカメザサ オカメザサ



2010年10月16日 八雲
オカメザサ オカメザサ オカメザサ
オカメザサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑