オギススキ(荻薄)

多年草
オギとススキの雑種。ススキ似で芒なく、基毛長く軟弱である。(千葉県植物誌) 花期は8〜9月。
学名は、Miscanthus x ogiformis
イネ科ススキ属


徳島県立博物館の茨木靖様から次のようにメールをもらった。「あくまで写真での判断と言うことになりますが、オギでもススキでもない、オギススキの可能性が高いかと思います。オギとススキは稀に交雑し、オギススキと呼ばれます。通常オギススキはオギのような花序を持ち、小穂に芒があります。また花序は、赤紫になることは無く、白い穂をもっています。花序の色が紫色になるのも通常のオギでは無い事ですので、交雑の結果この様になっていると考えるのが適切と思います。このため、典型的なものではありません。ただし、雑種ですので、いろいろなパターンのものがあります。」
「通常オギススキは、オギのような花序を持ち、小穂に芒があります。お送りいただいたものは、全く芒が見られず、小穂の形状はオギに近いと思います。ただ、オギとは小穂の毛の長さや質が異なるように思います。」
2015年10月3日 西長江花序が赤紫色を帯びている。
オギススキ オギススキ オギススキ
花序は長さ約20cm。
オギススキ オギススキ オギススキ
小穂は長花柄と短花柄が双生する。短花柄は長さ約2mm、長花柄は長さ約4.5mm。小穂は長さ約4.5mm。
オギススキ オギススキ オギススキ
小穂の基部の毛は長さ約8mm。第1苞穎は縁に長毛があり、第2苞穎は上部にのみ短毛がある。
オギススキ オギススキ オギススキ
第2苞穎の縁の長毛。透明な薄膜質の護穎がある。子房に張り付いた小さな内穎がある。
オギススキ オギススキ オギススキ
葉の縁には上向きの小刺がある。葉は幅約3cm。
オギススキ オギススキ オギススキ
葉の裏面。葉舌は毛状になる。上部の葉鞘や茎は無毛、節に毛がある。
オギススキ オギススキ オギススキ
茎は株を作らず単生している。花序は高さ約2m。
オギススキ オギススキ オギススキ
オギススキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑