ヌメリグサ(滑り草)

1年草
本州〜沖縄の湿潤な所に生育する。茎は高さ30〜60cm、直立・叢生。葉は長さ15〜30cm、幅3.5〜5mm、無毛、縁はざらつく。葉舌は厚く長さ0.5mm。葉鞘は無毛。花序は穂状、長さ6〜12cm、径5〜6mm。小穂は楕円形、淡紫色、上部にはまばらな毛があり、長さ2.8〜3mm、短い小梗をつけて花軸に密集し、2小花からなるが、第1小花は護穎だけとなる。第1包穎は三角状披針形、長さ1.5〜1.8mm。第2苞穎は広楕円形、小穂と同長、9脈。第1小花の護穎は第2包穎とほぼ同長。第2小花の護穎と内穎は革質、乳褐色、ガラス様の光沢がある。果実は乳灰褐色、長さ1mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Sacciolepis indica var. oryzetorum
イネ科ヌメリグサ属
よく似た仲間にハイヌメリがある。


2009年9月26日 西忌部花序は長さ8.5cmくらいある。
ヌメリグサ ヌメリグサ ヌメリグサ
ヌメリグサ ヌメリグサ ヌメリグサ

茎は基部から直立する。
ヌメリグサ ヌメリグサ ヌメリグサ



2005年10月1日 乃白
ヌメリグサ ヌメリグサ ヌメリグサ
ヌメリグサ ヌメリグサ
2003年10月4日 乃白
ヌメリグサ ヌメリグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑