ヌカキビ(糠黍)

1年草
北海道〜沖縄の畑地や田のあぜ、路傍、空き地などに生育し、やや群生する。茎は高さ30〜120cm、細長く、直立し、基部は分けつして叢生する。葉は長さ5〜20cm、幅4〜13mm、無毛。花序は卵円形、長さ15〜30cm、花序の枝はほとんど水平に開出し、緑紫色の小穂をまばらにつける。小穂は倒卵形、長さ2〜2.5mm、2小花からなるが第1小花は退化して護穎のみとなる。第1苞穎は長さ1mm、第2苞穎は第1小花の護穎と同長。第2小花の護穎と内穎は厚くガラス光沢がある。果実は広楕円形、突頭、暗褐色、長さ1.5mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Panicum bisulcatum
イネ科キビ属


2011年10月12日 西浜佐陀
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ



2011年9月14日 玉湯小穂が枝先にまばらにつく。
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
第1苞穎は約1mm。葉鞘の片側に毛がある。
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
2010年11月6日 東長江
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
小穂は2〜2.5mm程度。特に大きな小穂。4mm程度ある。
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
葉鞘の片側にのみ毛がある。
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ
2009年9月19日 玉湯
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
下部の茎の節からは発根する。
ヌカキビ ヌカキビ
2006年9月24日 宍道
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ
2007年10月7日 枕木山
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ
2005年9月24日 玉湯
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ
2004年9月18日 上乃木
ヌカキビ ヌカキビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑