ヌカボ(糠穂)

1年草
北海道〜沖縄。稈は高さ40〜80cm。葉は長さ10〜15cm、幅2〜5mm、鞘とともにざらつく。花序はほとんど円柱状につまった円錐形で長さ20〜30cm、枝はほとんど基部から小穂をつける。小穂は淡緑色で、紫色を帯び、苞穎は不同長、先は鋭く尖り、第1苞穎は長さ2.2〜3.5mm、小花は長さ第1苞穎の2/3以下、脈は分明である。花期は5〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Agrostis clavata var. nukabo
イネ科ヌカボ属


2015年6月24日 西川津花序は長さ約15cm、枝を開出しない。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
最下の節は枝を数本出し、基部には小穂がついていない。枝を6本、半輪生状に出している。花序枝は逆刺があり、ざらつく。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
小穂は長さ約2mm、第1苞穎がやや長い。護穎は長さ1.2〜1.5mm。護穎が内側に巻き込んで内穎が見えない。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
内穎はごく短い。葉舌は長さ約1.5mm、切形。葉は幅約1.5mm。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
茎は長さ約50cm。
ヌカボ ヌカボ




2010年6月12日 西川津
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
花序枝の節から4本の枝がでている。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
小穂には1小花がある。第1苞穎は長さ約2.2mm、他は少し短い。小花の護穎は長さ約1.5mm。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
内穎はごく短い。果実は長さ約1mm。
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
ヌカボ ヌカボ ヌカボ
ヌカボ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑