ノコギリシダ(鋸羊歯)

常緑シダ植物
福島県以南〜九州の林下の湿った所に生える。葉柄は緑色〜暗紫色、基部鱗片は広披針形で褐色。葉身は1回羽状複葉。側羽片は10〜20対、下部では有柄で上部に向けてしだいに小さくなり、頂羽片はない。側羽片の辺縁は鋭鋸歯状で、基部上側は耳状になり、葉脈部分はくぼむ。ソーラスは線形で中肋寄りにつく。
学名は、Diplazium wichurae
イワデンダ科ノコギリシダ属


2008年12月13日 玉湯羽片の基部上側は耳垂となる。
ノコギリシダ ノコギリシダ ノコギリシダ
ノコギリシダ ノコギリシダ ノコギリシダ



2008年9月14日 宍道来待
ノコギリシダ ノコギリシダ ノコギリシダ
ノコギリシダ ノコギリシダ ノコギリシダ
ノコギリシダ
2008年6月8日 枕木山羽片基部上側は耳状になる。
ノコギリシダ ノコギリシダ ノコギリシダ
ノコギリシダ ノコギリシダ ノコギリシダ
ノコギリシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑