ノキシノブ(軒忍)

常緑シダ植物
北海道南部以南の各地。樹の樹皮や崖、傾斜が急な場所の地表などに生える。葉は長さ12〜30cm。先端側、基部とも細くなる。ソーラスは包膜はなく、上半分につく。
山地に生えるヒメノキシノブは小形で、先端が丸い。
学名は、Lepisorus thunbergianus
ウラボシ科ノキシノブ属


2013年1月12日 玉湯
ノキシノブ ノキシノブ ノキシノブ
ソーラス(胞子嚢群)は上半分につく。ソーラスは円形で包膜はない。
ノキシノブ ノキシノブ ノキシノブ
胞子が詰まった胞子嚢。膜が破れて胞子が出る。胞子。
ノキシノブ ノキシノブ ノキシノブ
胞子は長さ約0.05mm。
ノキシノブ ノキシノブ ノキシノブ



2008年3月29日 八雲
ノキシノブ ノキシノブ ノキシノブ


先端は鋭くとがる。
ノキシノブ ノキシノブ ノキシノブ
ノキシノブ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑