ノギラン(芒蘭)

多年草
北海道〜九州の日当たりのよい草原に普通。地下茎は短く直立し、多くのひげ根がある。葉は根生して開出し、倒披針形、鈍頭から鋭頭、両面無毛、全縁、長さ12〜24cm。花茎は高さ15〜55cm、ほとんど無毛または上部に短毛があり、分枝しないか、または分枝する。細長い総状花序に多数の花をつける。花は上を向いて咲く。苞は線形、花柄は長さ2〜4mm、花被片は6、披針形、鈍頭、長さ6〜7mm、黄白色、外部中肋は緑色。基部短く合生する。雄しべは6、花被片より短く、花糸は下部が少し幅広くなり、無毛、基部は花被に合生する。子房は周位、卵形、花柱は柱状。さく果は卵形で花柱を宿存し、長さ7mm(うち花柱3mm)、花被片は宿存しさく果を包む。種子は卵形、長さ0.7mm。花期は7〜8月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Aletris luteoviridis
キンコウカ科ソクシンラン属
葉のよく似たショウジョウバカマは葉の中心から花茎が立つ。


2009年7月5日 大庭
花茎は中心からは立ち上がらない。
ノギラン花 ノギラン花序 ノギラン根生葉
ノギラン



2005年7月10日 佐草
ノギラン花 ノギラン花 ノギラン花
ノギラン花序 ノギラン ノギラン
2007年8月10日 若い果実 東忌部
ノギラン果実 ノギラン果序
2013年1月12日 果実 玉湯果実の周りに枯れた花被片が残る。果実は長さ約6mm。
ノギラン果実 ノギラン ノギラン果実
種子は多数入っている。種子は長さ約0.8mm。
ノギラン果実 ノギラン種子 ノギラン種子
表面に格子模様がある。
ノギラン種子 ノギラン種子 ノギラン果序
枯れた根生葉。
ノギラン果序 ノギラン ノギラン
ノギラン
2010年12月4日 果実 西忌部
ノギラン果実 ノギラン果序 ノギラン
ノギラン ノギラン ノギラン
2005年6月12日 蕾 佐草
ノギラン蕾 ノギラン蕾 ノギラン茎
ノギラン
2005年6月25日 蕾 佐草
ノギラン蕾 ノギラン蕾
2005年6月19日 玉湯
ノギラン葉 ノギラン葉
2006年7月9日 東忌部
ノギラン花 ノギラン花
2005年8月6日 佐草
ノギラン花


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑