ノゲヌカスゲ(芒糠菅)

多年草
本州〜九州の林縁や路傍に生える。やや大きな株となり、匍匐枝はない。稈は高さ10〜25cm、平滑。葉は稈より長く、幅1〜1.5mm、平滑、ややざらつく。基部の鞘は長さ2〜5cm、黄褐色〜栗色。小穂は2〜5cmの範囲に集まってつく。苞の葉身は葉状、長さ1〜4cm。頂小穂は雄性で短く0.5〜1cm、線形、通常雌小穂に隠れる。雄鱗片は長さ2.5〜3.5mm、蒼白色、光沢があり、鋭頭。側小穂は雌性で柱状、長さ1〜1.5cm、柄はない。雌花は3〜7列、雌鱗片は倒卵形、長さ2.5〜4mm、蒼白色、光沢があり、芒は長く0.7〜1.5mmで突出する。果胞は長卵形、長さ2.5〜2.8mm、幅0.6〜0.8mm、稜間に6〜8脈あり、平滑または短毛を持つことがある、嘴は短く0.4〜0.6mm。そう果は密に果胞に包まれ卵状楕円形、長さ1.5〜1.8mm、幅0.7〜0.9mm、鈍3稜形、褐色〜橙褐色で光沢があり、頂部に盤状付属体があり花柱基部に接続する。柱頭は3。花期は4〜5月。(岡山県スゲ属植物図譜)

ヌカスゲとメアオスゲの中間的なイメージのもの。メアオスゲとは果胞が小さく痩せていて、ほとんど毛がないこと、基部の鞘の褐色部分の長さも長いことで区別する。ヌカスゲとは雌鱗片に芒があることと、苞の葉身が長い点が異なる。雄小穂はきわめて短い。まれに根際に雌小穂をつけることがある。柱頭は3岐。果期は4〜5月。(日本のスゲ)
学名は、Carex mitrata var. aristata
カヤツリグサ科スゲ属ヌカスゲ節
アオスゲ類と間違われるが、雄小穂は線形で細くアオスゲのような棍棒状ではない。


2014年5月8日 東長江雄小穂は小さく、雌小穂に隠れている。
ノゲヌカスゲ花序 ノゲヌカスゲ花序 ノゲヌカスゲ雌小穂
雄小穂は細く、長さ約5mm、雌小穂は長さ6〜10mm。
ノゲヌカスゲ花序 ノゲヌカスゲ果胞 ノゲヌカスゲ果胞
雌鱗片には長い芒がある。果胞は長さ約2mm、まばらに短毛がある。
ノゲヌカスゲ果胞 ノゲヌカスゲ果胞 ノゲヌカスゲ果胞
果胞の口部。果実は長さ約1.5mm、付属体がつく。苞は葉状で長い。
ノゲヌカスゲ果胞 ノゲヌカスゲ果実 ノゲヌカスゲ苞
葉の幅は約3mm。
ノゲヌカスゲ葉 ノゲヌカスゲ花序 ノゲヌカスゲ
ノゲヌカスゲ ノゲヌカスゲ



2014年4月19日 八雲先端の雄小穂は線形で小さい。雌鱗片には長い芒がある。
ノゲヌカスゲ ノゲヌカスゲ ノゲヌカスゲ雌小穂
雄小穂は線形で細い。雄鱗片は芒がない。
ノゲヌカスゲ花序 ノゲヌカスゲ雄小穂 ノゲヌカスゲ雄鱗片
柱頭は3岐する。雌鱗片は長さ約2mm、長い芒がある。
ノゲヌカスゲ柱頭 ノゲヌカスゲ雌鱗片 ノゲヌカスゲ雌鱗片
果胞は長さ約2mm。わずかに微毛がある。果胞口部は2歯がある。
ノゲヌカスゲ果胞 ノゲヌカスゲ果胞 ノゲヌカスゲ果胞口部
未熟な果実は長さ約1.5mm、付属体がつく。茎は長さ約17cm。
ノゲヌカスゲ果実 ノゲヌカスゲ ノゲヌカスゲ
ノゲヌカスゲ ノゲヌカスゲ ノゲヌカスゲ
ノゲヌカスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑