ノボロギク(野襤褸菊)

1年草
ヨーロッパ原産。明治のはじめに渡来し、現在では道ばたや畑などにふつうに生える。茎や葉はやわらかく、よく分枝して高さ約30cmになる。葉は互生し、不規則な羽状に裂ける。頭花は黄色で、ふつう筒状花だけが集り、舌状花はまれにしかない。総苞は長さ0.8〜1cmの筒状で、基部に小さな小苞がある。冠毛は白色。花期はほも通年。(野に咲く花)
学名は、Senecio vulgaris
キク科ノボロギク属


2014年3月24日 秋鹿頭花は筒状花のみ。総苞片や小苞片の先が黒くなる。
62517花 ノボロギク花 ノボロギク花
頭花は長さ約1.2cm。頭花の縦断面。筒状花には冠毛がある。
ノボロギク花 ノボロギク花 ノボロギク花
冠毛は長さ約7mm。子房は約2.5mm。子房には上向きの短毛がある。
ノボロギク筒状花 ノボロギク子房 ノボロギク子房
果実と冠毛。冠毛は長さ約7mm。果実は長さ約2.5mm。
ノボロギク果実冠毛 ノボロギク果実冠毛 ノボロギク果実
果実に脈があり、上向きの毛がある。
ノボロギク果実 ノボロギク果実 ノボロギク葉
葉の基部は耳状に張り出し茎を抱く。葉は長さ約3.5cm。
ノボロギク葉 ノボロギク葉 ノボロギク葉
葉の裏面。茎に毛がある。
ノボロギク葉裏面 ノボロギク茎 ノボロギク茎
ノボロギク ノボロギク



2013年4月4日 嫁島
ノボロギク花 ノボロギク花 ノボロギク
ノボロギク ノボロギク
2008年12月7日 上乃木
ノボロギク花 ノボロギク花 ノボロギク花序
2008年8月30日 小波総苞片の先端が黒くならないものもある。
ノボロギク花 ノボロギク花 ノボロギク葉
ノボロギク
2004年12月12日 乃白
ノボロギク花 ノボロギク花序
2003年9月23日 乃白
ノボロギク花 ノボロギク花序 ノボロギク葉
ノボロギク
2013年1月31日 果実 乃木福富
ノボロギク果実冠毛 ノボロギク冠毛 ノボロギク花序
冠毛は長さ約6mm。冠毛には上向きの刺がある。
ノボロギク果実冠毛 ノボロギク果実冠毛 ノボロギク冠毛
果実は長さ約2mm、上向きの毛がある。
ノボロギク果実 ノボロギク果実 ノボロギク果実
果実の上向きの毛。
ノボロギク果実 ノボロギク果実 ノボロギク葉
ノボロギク
2012年11月22日 果実と冠毛 西川津
ノボロギク果実冠毛 ノボロギク果実冠毛 ノボロギク果実
冠毛は長さ約5mm。果実は長さ約2mm、稜があり伏毛がある。
ノボロギク果実 ノボロギク果実 ノボロギク花
頭花は長さ約1cm、総苞や小苞の先端が黒くなる。筒状花と冠毛。
ノボロギク花 ノボロギク花 ノボロギク筒状花
葉は長さ約6cm、不規則に切れ込む。
ノボロギク葉 ノボロギク葉 ノボロギク葉裏面
葉柄はなく基部は茎を抱く。茎には毛がある。
ノボロギク葉裏面 ノボロギク葉の基部 ノボロギク葉の基部
ノボロギク花序 ノボロギク
2007年2月12日 ロゼット葉 浜乃木
ノボロギク ロゼット葉 ノボロギク ロゼット葉 ノボロギク ロゼット葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑