ノアサガオ(野朝顔)

つる性多年草
紀伊半島以南の海岸や人里近くの道端、林縁に生える。茎は旺盛に伸びて10数mに達する。近年イリオモテアサガオ、オーシャンブルーなどと呼ばれる園芸品種が盛んに栽培され、繁殖力も旺盛で各地で逸出している。栄養繁殖系栽培品種はいずれも種子はできない。葉は長さ5〜15cm、3深裂するか、心形で先端が尖り、基部は心形。裏面には短い伏毛が密生し、表面は少ない。葉腋から散形花序を出し、1〜数個の花をつける。花序柄は葉柄より長く、花柄は短い。萼片には伏毛が多い。直径10cmほどのアサガオ形の花をつける。花は開花後しばらく青紫色で中心部は赤く着色し、午後から夕方にかけて花全体が淡紫紅色に変化する。アサガオに比べて花柄は短く、萼片が反り返らない。
 在来のノアサガオは花の直径6cmほどで中心部が白くなる。花期は6〜10月。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Ipomoea indica
ヒルガオ科サツマイモ属


2012年10月16日 植裁 島根花は直径約9cm。
ノアサガオ ノアサガオ ノアサガオ
雄しべの基部に毛がある。
ノアサガオ ノアサガオ ノアサガオ
花序に多くの花がつく。花序柄は長いが、花柄は短い。
ノアサガオ ノアサガオ ノアサガオ
葉身は長さ約12cm。表面に伏毛が密生する。
ノアサガオ ノアサガオ ノアサガオ
裏面に伏毛が密生する。茎に毛が密生する。
ノアサガオ ノアサガオ ノアサガオ
3裂する葉もある。
ノアサガオ ノアサガオ ノアサガオ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑