ニワホコリ(庭埃)

1年草
北海道〜沖縄の路傍や庭園、畑地、果樹園などに生育し、やや群生する。茎は下部は屈曲するが上部は直立し、分けつして叢生する。高さ15〜30cm。葉は長さ5〜12cm、幅2〜3mm、線状披針形。葉舌は短く毛状、葉鞘の口部に毛がない。花序は楕円形、直立し、長さ7〜12cm、花序の枝は少し屈曲し、小穂は卵形または長楕円形、長さ3.5〜4mm、淡紫色、5〜7小花からなる。苞穎は幅が狭く、第1苞穎は短い。小花は卵形、長さ1.5〜1.8mm。果実は狭卵形、赤褐色、鈍頭、腹面は突形、臍は点状、赤褐色、無光沢、長さ0.6〜0.8mm。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Eragrostis poaeoides
イネ科カゼクサ属


2010年10月20日 東出雲
花序の枝は少し屈曲する。
ニワホコリ ニワホコリ ニワホコリ


小穂は長さ約3.5mm。
ニワホコリ ニワホコリ ニワホコリ
第1苞穎は短い、小花は長さ約1.5mm。果実は長さ0.5〜0.6mm。
ニワホコリ ニワホコリ ニワホコリ
ニワホコリ ニワホコリ ニワホコリ
ニワホコリ ニワホコリ ニワホコリ
ニワホコリ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑