ニシキギ(錦木)

落葉低木
北海道〜九州の丘陵から山地の落葉広葉樹林内や林縁に生える。下部から多数枝分かれして、高さ1〜3mになる。樹皮は灰褐色。若い枝は緑色で稜があり、稜上に褐色の薄い板状の翼がある。葉は対生。葉身は長さ2〜7cm、幅1〜3cmの長楕円形または倒卵形。先は鋭くとがり、基部はふつうくさび形。ふちには細かく鋭い鋸歯がある。両面とも無毛。葉柄は長さ1〜3mm。枝に顕著な翼があるのがニシキギで、翼のないものをコマユミという。葉は対生。葉身は長さ2〜7cm、幅1〜3cmの長楕円形または倒卵形。先は鋭くとがり、基部はふつうくさび形。ふちには細かく鋭い鋸歯がある。両面とも無毛。葉柄は長さ1〜3mm。本年枝の芽鱗痕のわきから集散花序を出し、淡緑色の花を数個つける。花序の柄は長さ1〜3cm。花は直径6〜8mm。花弁は4個、ふちには鋸歯がある。雄しべは4個。雌しべは1個。萼の上部は4裂する。花柄は3〜6mm。果実はさく果。1〜2個の分果に分かれる。分果は長さ5〜8mmの楕円形。10〜11月に熟す。熟すと裂開し、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔をだす。花期は5〜6月。
冬芽の頂芽は長さ3〜5mmの長卵形。芽鱗は6〜10個、ふちには紫褐色のふちどりがある。葉痕は半円形〜三日月形、維管束痕は1個。(樹に咲く花)
学名は、Euonymus alatus f. alatus
ニシキギ科ニシキギ属


2016年5月21日 美保関
ニシキギ花 ニシキギ花 ニシキギ花
花は直径約8mm、花序柄は長さ約1.5cm。幼果。
ニシキギ花 ニシキギ果実 ニシキギ葉
葉身は長さ約5cm、細かな鋸歯がある。 葉は表裏とも無毛。狭いながら枝に翼がある。
ニシキギ葉 ニシキギ葉裏面 ニシキギ枝
樹皮は灰褐色。
ニシキギ枝 ニシキギ幹 ニシキギ



2009年8月22日 植栽 大東
ニシキギ ニシキギ ニシキギ
ニシキギ
2012年4月17日 冬芽 植栽 大東
ニシキギ ニシキギ ニシキギ
ニシキギ ニシキギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑