ニオウヤブマオ(仁王藪苧麻)

多年草
本州〜九州の海岸近くの崖や川の土手に生え、有性生殖を行う。茎は高さ0.7〜1mになる葉は対生し、長さ10〜15cmの卵状長楕円形〜卵形で、質はやや厚くてざらつき、先は尾状にとがる。鋸歯は鈍く、重鋸歯にはならない。裏面には短毛が密生し、ビロード状になる。葉の腋から穂状花序を出し、茎の上部の葉腋に雌花の穂状花序がつき、小花は球状に集まり穂軸上にならぶ。雄花は下部の葉腋に細かく枝分かれした円錐花序につく。花には花弁がない。別名 サイカイヤブマオ。花期は8〜10月
学名は、Boehmeria holosericea
イラクサ科ヤブマオ属
ヤブマオの仲間は学者により分類について諸説がある。
よく似たものにヤブマオがあるが、鋸歯が重鋸歯となり、ほとんど雄花をつけない。


以下は海岸に面した崖上の草地に生えているもので、雄花があるもの。
2011年7月23日 雌花 島根潜戸鼻雌花序は茎上部につく。雄花
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
雄花には4本の雄しべがある。雄花雄花序
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
雄花序は枝分かれする。雄花序は茎の中部につく。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
40個の鋸歯が整然と並び、重鋸歯とならない。下部の葉は長さ15cm、幅15cm以上ある。上部の葉は長さ11cm、幅9cm程度。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
葉裏は全面にビロード状の毛がある。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ



2011年9月10日 雌花(果期) 島根潜戸鼻雄花序はもう枯れていた。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
鋸歯が40以上ある。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
葉裏は全面にビロード状の毛がある。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
ニオウヤブマオ

2011年9月24日 鹿島雌花枯れた雄花
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
雌花序は上部に、雄花序は下部につく。下部の葉は長さ約19cmと大きい。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
葉は長さ15cm。鋸歯は小さく、整然と並ぶ。上部の鋸歯も小さい。表面に短毛がある。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
葉裏はビロード状。
ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ ニオウヤブマオ
ニオウヤブマオ

海から400mの田園地帯に生え、下部に雄花序がある。
2014年7月23日 島根雌花序。雄花。
ニオウヤブマオ雌花 ニオウヤブマオ雌花序 ニオウヤブマオ雄花
雄花序。葉身は約20cm。鋸歯は42個。
ニオウヤブマオ雄花序 ニオウヤブマオ葉 ニオウヤブマオ葉
ニオウヤブマオ葉裏面 ニオウヤブマオ葉裏面 ニオウヤブマオ
ニオウヤブマオ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑