ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)

常緑低木
中央・南アメリカおよび西インド諸島の原産。高さ30〜350cm。直径3〜4cm、漏斗状の花弁で5弁に開く。花は咲き始め濃い紫色で、次に薄い紫色、最後は白色になる。強い芳香がある。葉は長さ4〜12cm、互生し革質で光沢がある。花期は4月〜8月。
学名は、Brunfelsia australis
ナス科ブルンフェルシア属


2015年5月16日 植栽 玉湯咲き進むと花は白くなる。
ニオイバンマツリ ニオイバンマツリ ニオイバンマツリ
花弁が開く手前の蕾。萼に包まれた蕾。2色の花に見える。
ニオイバンマツリ ニオイバンマツリ ニオイバンマツリ
ニオイバンマツリ ニオイバンマツリ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑