ニガナ(苦菜)

多年草
日本全土の日当たりのよいところにごくふつうに見られる。茎は直立して高さ20〜50cmになる。根生葉は長い柄があり、葉身は長さ3〜10cm、幅0.5〜3cmの広披針形〜倒卵状長楕円形。茎葉はやや短くて柄はなく、基部はまるくはりだして茎を抱く。枝先に直径約1.5cmの黄色の頭花をつける。舌状花はふつう5個。総苞は長さ7〜9mmの円筒形。外片は非常に小さく、鱗片状になっている。そう果は長さ3〜3.5mmの紡錘形。花期は5〜7月。(野に咲く花)
学名は、Ixeridium dentatum
キク科ニガナ属
変異が多く、舌状花の数がニガナの5〜7個と比較し8〜10個と多いハナニガナ、水田の畦に生え走出枝を出すハイニガナなどがある。


2014年5月1日 玉湯花は舌状花のみ。
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ花
花は直径約1.7cm。
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ花
冠毛は長さ約4mm。上部の葉は茎を抱かないものもある。
ニガナ舌状花 ニガナ葉 ニガナ葉
茎葉の基部には刺状の鋸歯がある。下部の葉は長さ約8cm。
ニガナ葉 ニガナ葉 ニガナ葉裏面
ニガナ ニガナ



2012年5月16日 大海崎
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ花
茎葉が切れ込んでいる。茎葉の基部の毛状の鋸歯。
ニガナ ニガナ葉 ニガナ葉
下部の葉や根生葉も切れ込む。
ニガナ ニガナ
2011年6月9日 東忌部
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ花
果実と冠毛葉の基部が茎を抱く。
ニガナ果実冠毛 ニガナ葉 ニガナ葉
葉の基部に毛状の鋸歯がある。根生葉は切れ込むものがある。
ニガナ葉 ニガナ根生葉 ニガナ
2005年5月3日 東忌部根生葉は切れ込むことがある。
ニガナ花 ニガナ葉 ニガナ葉
茎葉は茎を抱く。
ニガナ葉 ニガナ
2013年6月6日 果実と冠毛 八雲直径約1.5cm。
ニガナ果実冠毛 ニガナ果実冠毛 ニガナ果実冠毛
冠毛は長さ約5mm。果実は長さ約5mm。
ニガナ果実冠毛 ニガナ果実冠毛 ニガナ果実冠毛
果実にはひだがあり、無毛。冠毛には上向きの刺がある。
ニガナ果実冠毛 ニガナ果実冠毛 ニガナ花
花は直径約1.8cm。
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ花
蕾。花の萎んだ状態。
ニガナ花 ニガナ蕾 ニガナ花後
冠毛が開く前葉の基部は茎を抱く。
ニガナ果実冠毛 ニガナ ニガナ葉
ニガナ

これらは茎葉の基部が茎を抱いていないが、花や根生葉の様子からニガナとしている。
2011年5月4日 浜乃木
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ花
基部が茎を抱いていない。
ニガナ葉 ニガナ葉 ニガナ葉
ニガナ ニガナ
2004年4月24日 総合運動公園
ニガナ花 ニガナ花 ニガナ葉
ニガナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑