ネズミノオ(鼠の尾)

多年草
本州〜沖縄の路傍や荒地、原野などに生育し、散生またはやや群生する。根は長く強靭。茎は堅く平滑・無毛、直立・叢生し、高さ30〜70cm。葉は根生してやや堅く、軽く内側に巻く。長さ30〜70cm、幅2〜5mm。花序は20〜30cm、灰緑色を帯び、密に小穂をつける。小穂は1小花からなり披針形、光沢があり長さ2〜2.5mm。第1苞穎は円頭、長さ1mm、第2苞穎は鈍頭、1.2mm。果実は長楕円形、赤褐色、無光沢、長さ1〜1.1mm。花期は9〜10月。両性花は無芒〜有芒。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Sporobolus fertilis
イネ科ネズミノオ属


2014年9月18日 島根
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
花序は枝を分け、さらに枝分かれする。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
小穂は光沢があり、長さ2〜2.5mm。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
第1苞穎は長さ約0.9mm、第2苞穎は約1.2mm。小花は1個ある。花序は長さ約14cm。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
茎は無毛、葉はやや内側へ巻いている。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
ネズミノオ



2010年10月13日 玉湯一本の棒状だが、広げると枝を分けている。花序は長さ約18cm。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
種子が見えている。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
ネズミノオ
2009年9月13日 宍道一本の棒状だが、広げると枝を分けている。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
花期の小穂は細く尖る。葉舌は毛の列となる。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
2007年11月10日 東忌部種子が見えている。花序は分枝するが、軸に密着し穂状に見える。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ


種子が裸出している。
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
ネズミノオ ネズミノオ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑